· 

低予算でつくるデッサン用石膏像(もどき)DIY②

 

教室にある幾何形体は発泡スチロールか木で出来ています。
基本的に大きいものが発泡スチロールで小さいものが木です。

ちなみにこの写真の小さい球だけはソフトテニス用のゴムボールです。

大きめのホームセンターにいくと円柱や角柱、球、円錐などの発泡スチロールが売っています。

ちなみに教室の発泡スチロールは基本的にスーパービバホーム厚木南インター店で購入しています。
買ったままだと独特の凸凹感が強いので紙やすり(#240程度)ですこし滑らかにするといいです。

あと、円柱や角柱はかなり長めで売っていることが多いのですがお店によってはカットサービスをしてくれます。
ただ、発泡スチロールのカットサービスを正式にやっている場所はほとんどないと思います。
出来るだけバイトの方ではなく専門のカットしてくる方がいるお店で自己責任で頼むと臨機応変に対応してくれることが結構あります。
発泡スチロールの値段は忘れてしまいましたが大体がに1000円以下だったと思います。

円錐とかはもう少し高かった気がします。

木の方もホームセンターでいろいろな形が売っています。

こちらは ホームセンターコーナン 厚木下荻野店で購入しています。

これを買ってきてアクリル絵具の白(おすすめはチタニウムホワイトなどの覆い隠す力強い白)を
真っ白になるまで何回か塗ります。
前はアクリル系の油性スプレーで塗装していたのですが、同じ場所に長く置いておくとくっつくことが多々ありまして、
アクリル絵具に落ち着きました。
木の素材も値段を忘れましたが500円以下だったと思います。

ちなみに球はソフトテニスのボールなどもモチーフとしてなかなか良いです。

これはソフトテニス用品を扱っているスポーツショップに売っています。

教室ではスポーツデポ  厚木下荻野店で購入しました。
ただ、ソフトテニスのボールは空気入れが必要なのと2個入りで売っていることが多いのでそう考えるとちょっと割高かもしれません。

ちなみにこれらの石膏もどきは石膏と違い、落としても割れることがなく重さも軽いので保管も楽なのもメリットとしてあります。
とりあえずホームセンターといろいろ見てみると使える素材が多くあるのでオススメです。