· 

Amazonで売っている安いキャンバス貼り器のインプレ

1年前ぐらいに購入してなかなか使う機会がなかったAmazonの安いキャンバス貼り器(ノーブランド)を最近使ってみたので簡単にインプレします。

 

ちなみに、この貼り器は標準的な貼り器よりも幅が広く使いやすいです。

貼り器はキャンバスを引っ張る部分が広ければ広いだけ使いやすいと考えていいと思います。

また、専門メーカーで同じ様な商品の価格はこれの3倍以上しますがやはりそちらの方がしっかりした作りです。

 

先に結論を言いますと、耐久性は不明で補強するのが前提だけど、とりあえず揃えるなら安いし買ってもいいかなという感じです。

 

 

 

 



 

①とりあえず補強する

 

Amazonレビューを見てみると「貼り器のスプリングがとれた」という投稿が多くありました。

ということでまずはスプリングを接着剤で接着後さらにビニールテープで固定します。

あと、グリップのラバーも抜けやすい(専門メーカーの商品でも使い込むと抜けます)のでグリップにも接着剤を塗って固定します。

当然ながらはみ出した接着剤はふき取りましょう。

 

これでとりあえず完成(まともに使えそうな状態)です。

ちなみにもしスプリングを無くした、壊れたなど場合はホームセンターやモノタロウなんかで探すと代わりのものが見つかるかもしれません。

 

 

 

②貼り器の布をつかむ部分のゴムについて

 

同じくAmazonのレビューをみると「キャンバスを3枚張っただけで布をつかむ部品が剥がれて使用不能」とあります。

専門メーカーのものも数回はありえないですが、数年使うとやはり剥がれてきます。

ということで、これも剥がれたら超強力な両面テープか接着剤で固定すればいいかなと思っています。

ちなみにの私の使い込んだ専門メーカーの貼り器も超強力な両面テープで固定し直しています。

また、レビューで「布をつかむ部分がプラスチック」という投稿がありますが、個人的にはゴム(柔軟性がほぼない)ではないかな?と思っています。

専門メーカーの貼り器はこのゴムが非常に柔軟で物凄くしっかり(本気だと布が破れるくらい)引っ張れます。

ちなみに実際に結構破ります(笑)

ただ、今回の商品でも特に問題なくキャンバスを張ることができました。

 

仮に布をつかむゴムの部分が破損したり無くしてもホームセンターなどで代わりになりそうなゴムを買って貼ればいいかなと思っています。

ちなみに専門メーカーの商品は替えゴムだけ売ってたりします。

 

 

③耐久性は不明

 

最初書いたようにこの教室で油絵をしている生徒さんが少ないのでまだ数枚しかキャンバスを張っていません。

なので耐久性については不明です。

 

とりあえず、使ってみてこんな感じでした。

 何か問題がおきても大体ホームセンターにいけばどうにかなるので、手軽な価格でとりあえず幅広の貼り器を買いたい人(補強するのが前提)にはいいんじゃないかなと思います。

私が仕事で使っている専門メーカー(ホルベイン)の貼り器です。

何故かアマゾンでは評価が低いようですが個人的には良い商品だと思いますよ。