· 

ホワイトボードの文字が消えない場合の復活法

 

教室にあるホワイトボードは数年使っています。

長く使っているとホワイトボードの文字や汚れが消えなくなりますよね?

教室のものもそうなったので家にあったものでまた消せるように実験をしてみました。

私が使ったのは上の写真にあるヤツです。

先に結論をいうと、上手くいきましたがちょっと注意点もあります。

 

 

使ったものは車などに使用する「ガラスコーティング剤」です。

ちなみに私は自転車に塗っています。

 

ホワイトボードは高価で耐久性が高い「ホーロー製」と、安い「スチール製」があるみたいです。

100均一やホームセンターにあるものは基本的にスチール製だと思います。

また、スチール製のホワイトボードは表面のコーティンが劣化して消えなくなるみたいです。

私も最初イレイザーを掃除したりしてみましたがやはり消えませんでした。

 

その消えない構造から「要するに表面に汚れがつきにくいコーティングをすればいいんだろう?」と考えて、家にあったガラスコーティングを実験で使ってみたということです。

ちなみにホワイトボード用のコーティング復活剤もありますが値段が高く、他に用途がなさそうでした。

しかも数回しか使用できない容量が多いのですが、私が使ったコーティング剤なら数十回使えると思います。

100回くらいでもいけそうな感じがします。

 


 

 

●コーティングのやり方

 

まだコーティングをしていない汚れが落ちない100均のホワイトボードにコーティングしてみます。

イレイザーを使っても本当にこれ以上消せません。

ひどい汚れです(笑)

 

 

 

①まず、石鹸とスポンジを使って汚れを落とす。

強い洗剤やメラニンスポンジなどを使うと表面のコーティングがさらに剥がれてしまうようなので注意しましょう。

②乾かしたらコーティング剤を吹きかける。

③クロスで拭いてから乾かす。

コーティング剤の説明では「専用クロスで拭いて下さい」とありましたが、今回はティッシュで拭きました。

特に問題なかったです。

④完成



 

上の写真はコーティング後、イレイザーで消した状態です。

見事に消えます。

耐久性がどのくらいかは分からないので、また消えなくなったら報告したいと思います。

 

あと、ちょっと注意点があります。

 

①このコーティング剤の場合、表面がもの凄くツルツルになる。

 書くときには特に感じませんが消すときに滑るように消えます。これはメリットなのかデメリットなのか分かりません(笑)

 

②マーカーを少しはじく

 上の写真の赤線をよーく見てもらうと少しだけはじいています。

 やはり、汚れや傷をつきにくくするコーティング剤なので少しこんな感じになりますが個人的には気にならないレベルです。

 

③他の車用のコーティング剤でも出来そう(特に親水性)

 撥水性のものだとマーカーをはじく恐れが強いのですが、親水性のコーティング剤は理屈的に相性が良さそうに思えます。

 

 

 

そんなことで自宅などに車用のコーティング剤があったらダメもとで一度試してみてもいいと思います。