· 

暑い夏をひと手間でちょっと涼しく優雅にするアイテム<保存ビンなど>

 

 

皆様、暑い日が続きますがお元気でしょうか?

今回は絵の話ではないのですが、私の仕事場(アトリエ)で使ってみて良かったものを紹介します。

ちなみにタイトル通り基本的に保存ビンの話などで「スイングボトル」ともいうらしいです。

ペットボトルなどに入った飲料をガラス容器に移すとちょっと涼しげで優雅に見えます。

日常で使ってもいいですし、お客さんが来たときなどにも見栄えがいいと思いますよ。

 

 

 

左端のマグボトル以外が保存ビンです。

一番右のビンには牛乳を入れています。

紙パックの牛乳もビンに移すとちょっと高級感がでますね。

ちなみにこの商品は「キャニスター」とも呼ぶらしいです。

キャップが完全に外れるタイプです。

 

その横の緑色の保存ビンには炭酸水を入れています。

この瓶は炭酸も結構抜けにくく、「ポンッ」と音を立てて開きます。

キャップ付きではないですがレストランでこんな感じの瓶に水を入れてるところもありますね。

 

さらにその横の小さいビンにはコーラを入れています。

「瓶のコーラが飲みたいな」とふと思い、「保存瓶なら飲み放題だな!」ということで買ってみました。

今は炭酸水でコーラ割ったりして味を変えて楽しんでいます。

ただ、この瓶はちょっと炭酸が抜けやすかったです。

耐水性の印刷紙でオリジナルのラベルを作っても面白いと思いますよ。

また、ビンを探すと大きさや形、色などいろいろあるのでお気に入りを探してみるのもいいと思います。

 

 



 

このマグボトルは見た目がちょっと変わったレトロ風なものです。

キャップはコルク風なプラスチックです。

ちなみに今アマゾンで調べたら450円値下がりしてたのでお得かもしれません。

機能性も良く、キャップの内側に飲み口があるので持ち歩きにも便利です。

このメーカー商品は値段が安めでおしゃれな商品が多くあります。

 

 

 


 

マグボトルを買うときにレザーのボトルホルダーが合うと思いました。

ただ買おうとするとそれなりの値段がすることと、そもそもこのマグボトルに合ったサイズもないと思います。

いろいろ調べるとダイソーのレディース用ベルトでこのホルダーを自作しているサイトを見つけました。

「ダイソー レザーボトルホルダー」で検索すると「LIMIA」というサイトで紹介しているので興味がある方は調べて見て下さい。

私はその作り方からちょっとアレンジしています。

ちなみにこのホルダーは2つのベルトを使っています。

あと、このベルトなのですが家と仕事場周辺で何件か見てみたところ今はあまり売っていないようです。

作りたい方は見つけたらとりあえず買っておいたほうがいいと思います。

もしかするとちょうど入荷前だったのかもしれませんが。

 

私はマグボトルとペットボトルに合うように上下ベルトの幅が調整出来るように作りました。

あとホルダー上部の左右に「Dカン」という金具とカラビナを付けています。

手ぶらで歩きたいときはパンツに引っ掛けたり、紐を付けて持ち運びしやすくしたりなどいろいろと出来ます。

ベルトに穴を開ける道具等、他に必要なものをそれなりにあるのですが1回揃えて作ればベルトや帯状のものの加工スキルが身につくので投資としていいと思いますよ。

どう組み立てるか分かっていればたいして難しくもないです。

 

このベルトは合皮だと思うので数年使うとボロボロになると思います。

そうなったら今度はちゃんとしたレザーを買って、ずっと使えるものを自分で制作するのもいいかもしれませんね。