· 

イーゼルのDIY①

イーゼルは教室開く前に作ったものですが参考用の載せておきます。

ちょっと難易度が高めなのと今回は電動工具(ドリルドライバー、インパクトドライバーなど)推奨です。

<材料と道具>

 

木材-ホワイトウッド(厚さ30x40mm、参考の長さは後ほど)

長さは作りたいイーゼルによります。

材料はホームセンターの木材売り場で売っている安価でありふれたものです。

安いながらもしっかりとした木材です。

自分で切る道具がなければ、木材カットサービスをしている場所で買って切ってもらいましょう。

 

・ビス

木が細めなので「スリムビス」など細めのビスを買うと割れづらいです。

長さは51mmか57mmあたりがいいと思います。

木材を合わせて60~70mmの厚みを固定します。

・ノブスター

支持体(画板やキャンバスなど)をのせるパーツを固定するのに使います。

太さはM8ぐらいの太いものがいいです。

 


・ビス止めゴム足

滑り止めに使います。

 


・チェーン

イーゼルを固定する木材のストッパーとして使います。

ビスをチェーンの穴に通して木材に固定します。

なのでチェーンはビスの皿の部分よりも小さい穴のもの買いましょう。

ホームセンターで10cm単位で切り売りしていると思います。

ただ、これだと木材が結構斜めに動くので実際に使うときに出来るだけ真っ直ぐさせるよう気をつけましょう。

 

もし不安な方は「スライドステー(ヒンジステー)」という商品があるのでこれをチェーンの場所に左右につけると斜めに傾かないと思います。


・蝶番(ドロップ蝶板)

イーゼルを支える木材とイーゼルを固定します。

私のイーゼルでここの強度が一番心配なところです

教室のでは出来るだけ頑丈そうな「ドロップ蝶板」というものを使っています。

 

 

 

 

<ドロップ蝶板>


・板付きナット(丸座ナット、丸座金、アジェスターベース)

 

ノブスターを固定するのにイーゼルに埋め込みます。

なんかこの金具いろいろな名前で売られているみたいで正式名称がよくわかりません。

ノブスターと同じ経の物を買いましょう。

素材は安価ユニクロ(メッキ)という安いやつで大丈夫です。

といっても何十円かの差だと思いますが。

 


・水性ウレタンニス

 

塗料は好みにもよりますが教室では強度重視でこれをつかっています。

ウレタン塗装は汚れに強く頑丈です。

ちなみに色は「マガボニー(暗めのイーゼル用)」と「ライトオーク(明るめのイーゼル用)」を買ったと思います。

他にはニスを塗ったり、ビーワックスで自然な感じに仕上げても良いと思います。

5年とか10年以上使うなど気にしなければ塗装しないで使用しても悪くないと思います。

 


・インパクトドライバーまたは、ドリルドライバー

ビスをねじ込んだり穴を空けたりします。

なければ、キリで下穴をしっかりと空けてドライバーで力を込めてねじ込むか、ビスのかわりに釘を使うなどもあります。

ただ、釘で固定すると強度が少し心配です。

ちなみにもし購入するならば電動ドライバーよりインパクトドライバーのほうがパワーがあるのでオススメです。

 

・サンダー、紙やすり(180~240番程度と出来れば400番)

 

サンダーは紙やすりをとりつけて電動で削る工具です。

木材の角を削るのに使います。

なければ普通に紙やすりで角を少し丸くする程度でいいと思います。

 

・水平器

文字通り水平を測ります。今はスマホのアプリなんかがありますね。

<作り方>

<数字は以下の「木材の長さ」に対応しています>

<薄い板やゴムは付けなくても大丈夫だと思います。オプションみたいなものですね。個人的には薄い板があると作品がズレ落ちませんが撮影する場合などは作品が隠れるので不便に感じました>


木材の長さ考程度にして下さい)

 

①イーゼル左右縦の木材(1400mm×2本)

②中央縦の木材(1200mm×1本)

③水平の短い木材(×1本)

④水平の長い木材(×1本)

⑤イーゼルを乗せる木材(580mm×1本)

⑥イーゼルを乗せる木材を固定する木材(140mm×2本)

⑦中央奥の支える木材(1250mm×①本)

 

作り方は近日公開する「イーゼルのDIY②」につづきます。