美術史(第四回)レジュメ 5/23 ①


1.今日の授業について

 

①『脳の右側で描け』参考に絵を描くときに

 どのようなことを意識するか

 

②絵の構図について

 

③日本画の魅力について

 

※今回はいつでもボイスチャットで質問等していただいで大丈夫です。

 

 

 

 

 

 


参考図書


 

 

 

 

 

『脳の右側描け』著者 ベティ・エドワーズ

 

1926年生まれのアメリカン人。

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校の美術学部の教授を引退し、

大学や美術学校等で定期的に講演をしている。

UCLAから美術、教育、認知心理学の博士号を取得。

 

 

 

 

 

 


Lモード(左脳)

 

・言語的

 言葉を使って名付けるなど。

 

・分析的

物事を段階的に部分ごとに理解する。 

 

・象徴的

何かを合わすときにシンボルを使う。

👁=目など。

 

・時間的

 

・理性的

 

・計数的

計算するように数を使う

 

・論理的

 

・直線的

 

 

Rモード(右脳)

 

・非言語的

 言葉を使わないで近くしたものを処理する。

 

・総合的

物事をまとめて全体をかたちづくろうとする。

 

・具体的

今のあるがままの状態と結びついている。

 

 

 

・非時間的

 

・非理性的

 

・空間的

 

 

 

・直観的

 

・全体論的















第一回目①へ

第二回目①へ

第三回目①へ